【おなかの整体 #2】

【おなかの整体 #2】
腸セラピーで指を深く突っ込みすぎて
具合を悪くさせるとかって論外
極まりないのでそういう業者には
気をつけましょう。

さて、おなかのお話はさらに
つづいてゆきます。。。。

今日も実技を中心に展開してゆきます。
f:id:bol806:20171006101246j:plain
①まずは食道の辺りを触ってみましょう。
胸骨の上です。

②みぞおち~おへその上にかけて
中心線上を触ってみましょう。

どんな感じがしますか?
胃もたれ、働いてない気がする、
重たい感じがする。。。

ここまでをまとめると
心臓、胸の開閉、食道、
胃、十二指腸に関係するところを
触ってきました。
不快な感じはしませんか?
大丈夫でしたか?

①~②で不快な感じがする方は
精神的に何かを抱えてるとか、
または臓腑の働きが停滞してるせいで
気分が晴れない、、、なんてことも。

以前、ある方が気分がすぐれないので
病院に行ったら、医師に
『気力が足りない!!!!』
と一喝されたそうですΣ(゜Д゜)

気力ね。。。。
時に気とか東洋的な概念って重要なんですよね。

胸の開閉が小さいと呼吸が浅いので
悲しい時と同じような背格好になり、
気持ちが沈んで行く傾向に
あるようです。
もしくは運動が苦手。

気虚でロウソクから火が消えた状態、
意気消沈。。。

東洋医学的に言うと
肺は悲、
心は神なり、
胃は意なり。

きっとその方の経絡を触診してゆけば
心包経あたりに圧痛や硬さとして
体表に反射が出ているはずですよ。
また手首を反らせると片側だけ
やりにくいとか関節可動域に
変化は現れます。

関節可動域や体表から微細な変化を捉える
ということが大事なのです。

気力が足りないって一喝するよりも
気力をまた生みだせるカラダに
なれるよう調整したら?
と思いますが。。。