過敏症腸症候群

【私の均整日記】

不摂生してないのに過敏症腸症候群。。。
お薬たくさん出されたとのこと。

背骨が側湾症になろうとしている?
ような捻れ方をしていた。

こちらのクライアントはいつもは
こんなヒドイねじれ方していないのに
いったい何が起こったというのだろうか。

お腹を下すこと度々。
どんどんやつれてゆくようである。。。

止めていい下痢と
止めなくてはいけない下痢がある。

今回は後者であろう。

腸の分節(胸椎9番-腰椎2番あたり)を
調整すればそれでいいという
問題ではないだろう。

漢方的に表現すれば肝気犯脾な方だった。

体は一つのユニット。

一つの臓器に答えを求めるのは
如何なものか?

お腹、背中、四肢の反応点の
現れ方がそれを物語っていた。

臓器はことばを発してくれない。

異常は症状となってあらわれるのみである。

原因は何か?
解剖学、経絡、身体均整法に
答えを求めている、常に。

今回は
観歪法と経絡で調整。

終了時には背骨がほぼほぼ
中心軸上に集まってくれた。

軽度のねじれであれば
骨格均整法でバキバキせずとも
自律神経の調整だけで
背骨は結果整うのである。

ご家庭でもできるオーダーメイドの
ツボを3つお伝えした。
(①腹痛用②肝火用③食滞用)

薬は肝臓に蓄積し、肝臓による
死亡原因の上位がその薬害である故、
オーガニックにこだわる方の
味方で在りたい。

薬を離れ、素敵な笑顔をまた
取り戻していただきたい
ところである。

金内 記す
f:id:bol806:20170927052806j:plain