お酒や漢方の探求

【日報】
煙草は百害あって一利なし。

お酒は百薬の長とも
いいますのでね、
量や種類を選択して
ゆけば体に良いはずです。

たとえば全身の筋肉のひきつりが
起きたとします。

それに対して温湿作用のある
お酒飲むと解消することが
あるみたいですね。

もちろん、
医者や薬剤師ではないので
診断や処方はできかねますが。

整体し終わった後に
お酒は控えてくださいねって言っても
酒好きなクライアントは絶対
飲みますからね( ;∀;)

『金内先生んとこ行ったら
食欲出るし、つい呑みたくなっちゃう
んですよねー、つい。』

ってゆーね( ;∀;)

言っても聞かないパーソナリティーな
方なので諦めるしかないのかなって。

お酒が良い方向に行ってくれればなって。

お酒の良いところだけ見て、
どうせ呑むなら
○○の作用のある○○の
お酒が体質的に良いかもしれません。
が、呑む場合は自己責任で。

くらいの世間話くらいは
しよっかなって。

という感じで、
完璧に身体の内部を読めて、
漢方の中身や薬膳わかってればね、
もう1段階愉しいお酒との
付き合い方になってくるのでは?
ということで最近は漢方(湯液)
なんかも勉強しています。

他人の愉しみを奪うような発言は
調子を著しく損なうのでは?
って思いますね。

話す内容や言葉選び、
パーソナリティーへの思いやり
って大事だなって。

そんな感じです。

愉しい週末を
お過ごしください^^
f:id:bol806:20170819215105j:plain