本田圭佑選手と甲状腺

カイロプラクティックの大先生いわく、
『どんな顔も線の素性を物語っている。
観察して学びなさい。』

毛深い、
異常にやせてる、
異常に肥えてる、
異常に筋肉が弱い、
異常に筋肉質、
乾いた皮膚、
乾いた毛、
情緒不安定、
これらは甲状腺をはじめとした
内分泌と非常に関係性が深く、
一言で言うと体質とか遺伝。。。

美顔を目指す上で
顔、頭、髪に塗ったり貼ったり
鍼刺したりも効果的ではあると
思うが、
カラダを内から変えてゆく
体質改善も大事であろう。

心と体の中が変われば
お顔は勝手に綺麗になり
健康的になってゆくでしょう。

自分が潜在的に持っている美を
取り戻しませんか?
という提案を私はしたい。

気質的な問題ではなく、
理論が間違っていなければ
求めてゆけば何でも
できるはず。
本田選手の眼も昔のような
イケメンフェイスに
もどせるはずである。
(今でもイケメンだと思いますが)
ただ、どこまで本気で取り組むか
が鍵である。


甲状腺機能亢進

左目と心臓は関係している

右目より左目がボコッてなるのは
心臓を副腎髄質、甲状腺
が機能を亢進させているから
ではなかろうか?

只今、本田圭佑選手は
メキシコのサッカークラブに
所属しており、標高の高い
環境に身を置いている。
酸素濃度が薄く、さらに
肉体に負担をかけることに
なるだろう。

まずはワールドカップ杯出場を
めざして頑張って頂きたい。

がんばれ、ニッポン!