肩を動かすと痛い臨床例

テーマ:腕を動かすと痛い臨床例

主訴
・左肩の挙上痛
・腕立て伏せとか左手で何かを
押そうとすると反作用が跳ね返って
きた時に肩の外が痛くてしっかり押せない。
・左肩を外に開くと痛い

背景
趣味で筋トレ、草野球をされてる30代男性。

冬から左膝に違和感があって、
時々痛かったけど放置していた。

それからぎっくり腰になって
ブロック注射のお世話になっていた。
なかなか腰痛治らなかった。

腰が悪くなってから、朝起きたら
左肩がおかしくなっていて
趣味の草野球やるのが
辛くて今は休んでいる。

右利きなので左半身は使ってないので、
なんで左肩が痛くなるのがわからない。
不安な気持ちがある。

早く治してまたやりたい。
どこ行ってもダメだったので
なんとかしてほしいということで来院。

所見
肩の高さと腰の高さが左右で
大きく差が見られ、これが
神経を圧迫し腰痛や挙上痛を
引き起こしているのでは?
と推測。

インナーもアウターもお腹が硬い

腎臓疲労、副腎疲労、
肝臓疲労、中毒の反応

首の検査した時に片側で
腕の筋力落ちたので
首にも問題がある。

『神経圧迫と自律神経を整えて
ゆけば快方に向かうと思います。

が、何回かかるかわかりません
が、それで良ければ調整させて頂きます。』

ということでスタートしまして、
おととい、2回目で痛みのスケールが
10→1と9割改善しました。

そんなおとといの様子

調整法
・脚の長さを揃えるために骨格調整
・首の神経圧迫を取り除くために
胸椎と頚椎の調整

・肩と腰は筋膜などで繋がってますのでね、
連絡している組織の左右差を整えます

・おなかが物凄く硬いので経絡を使ってゆったり時間かけてお話を聞きながら調整

・最後に局所調整。
この時点での10→4

肩を触らずに残ってる痛みは

①屈曲0゜外転0゜での外ねじりが痛い
②側方挙上90゜~110゜での外ねじりが痛い

これを取ればだいぶ良くなるはず。。。。

鎖骨、鎖骨下の調整。
効かない

水かき反応なし

肩の最密位と肩甲骨はがしを
足したような技でかなり効いた

肋骨と胸椎の左右差を
調整してフィニッシュ。

痛みのスケールは10→1くらい

だいぶ不安感と痛みが取れたと。
腕立て伏せしても痛くないとのこと。

お家でできる体操は◯◯です。
当分安静と暴飲暴食は避けて下さい
とお伝えして、次回のご予約されて
終わりました。

外にねじるよりも、押せない
という方が深刻かなと。

なるべく痛いところはいじくらずに
様子見ながら手技療法で
できることをやるだけです。

もっと良くなりますように。。。。
f:id:bol806:20170708091252j:plain