骨盤の開閉問題

テーマ:院長のつぶやき

骨盤は自律神経の働きで呼吸を
するかのように開閉しています。

その開閉が上手く機能しないと
特に女性は不調があらわれます。

なので、
骨盤を物理的に動かす技も
重要なのですが、
骨盤をさわらずに
手、足、頭、背中から
刺激を入れて骨盤の開閉を
コントロールする技も重要です。
f:id:bol806:20170531220648j:plain

《応用例》

排卵日→骨盤が締まる必要があるので締める

月経→骨盤を開き切らせ4日で終わらせることが大事

妊娠期間中→流産や切迫早産にならないように安定させる

閉経が遅い方ほど女性ホルモンの
分泌が多く、子宮筋腫乳がん
子宮体がんのリスクが高まる
といわれている→なので、
ある整体の流派は操法
生理を止めてしまう。

1回ずつ薬に頼っていると
肝臓腫れますし、
体に蓄積していきますからね。

頭蓋骨、肩甲帯、骨盤の
開閉体操教室をいつか
開かなければと思っているところです。

と同時にオーガニックな
手技療法の可能性を広げ、そして
認知していただく活動をしなければなと。

そんなことを考えてました。

揺れるカラダ揺れるココロ①
http://bol806.hatenablog.com/entry/2017/05/10/233117
揺れるカラダ揺れるココロ②
http://bol806.hatenablog.com/entry/2017/05/12/230525
f:id:bol806:20170531220551j:plain