吉祥寺の整体師 金内啓太(身体均整法)

整体、健康、美容関係のブログです

キレイな立ち振舞いを身に付けたくて。

テーマ:正座や蹲踞に思うこと

人間だから同じようなこと考えつく
ものだなっていう件はこちら

https://matome.naver.jp/m/odai/2144100455726473901

野口整体曰く、
・脚がしびれるのは偏った正座であって、
腰椎3番や腰椎5番にきてる

・足を崩した女座り=腰椎2番に行く

・韓国みたいな立て膝=腰椎3番に行く

・両膝を立てる体育座り=腰椎5番に行く

・楽に座れる正座をするだけで足のだるさも抜け、腰がまとまり腰痛なども抜けてくる

・正座で食べると腹八分目でおさまるが、
椅子やあぐらで食べると背中が曲がるので、
曲がった分だけ食べてしまう。

正座はよき姿勢を保つための知恵であった、
とのこと。

座り方で性格、体格、健康、
それこそ運命まで決まってるかも?

だったらアナタは座り方を
直しますか?
直しませんか????

こんばんは、
吉祥寺の身体均整師
カナウチ ケイタです。

カナウチ私見

①膝を閉じる蹲踞(そんきょ)=神道とか
②膝を開く蹲踞=相撲、剣道とか
③正座

この3つとも足の形は違えど
仙骨、腰椎5番、腰椎4番をほぼほぼ
同じ角度にすると良いかも。。。。

鳩尾の力をゆるめ、
重心を下腹に落とす。

腰椎を丸める、反らせる、押し込む
でもなく、上手く寄りかかるというか、
力まなくて良い非常に楽な角度、
ポジションがあるのです。

あ、
変に腰反らし過ぎるとトイレ行きたくなるかも。角度に注意して下さいね

この良い位置が見つけられたら、
あとは蹲踞を応用した膝行(しっこう)とか、
立って軸を倒して歩くとか。

腰の良い角度が見つかるだけで
日常のほんのささいな仕草の質は
劇的に変わるような、
そんな気がします。

体幹トレーニングとかも大事、
だけど正座も大事。

キレイに振る舞いたいのであれば、
まずはきちんと立つことから
はじめられたら良いかと思います。

骨盤、大腿骨の変位、
大腿直筋、膝蓋骨などの動きが悪いと
正座が痛くて出来ないという方おられます。

別に正座はする必要はないのかも知れませんが、
何が何でもキレイな正座を求めたい
というのであれば整体でゆがみを
調整されると良いと思います。

ぜひお近くの均整院にてキレイに
生まれ変わって下さいね^^

それではまた。
f:id:bol806:20170430223933j:plain