吉祥寺の整体師 金内啓太(身体均整法)

整体、健康、美容関係のブログです

アゴの調整例#1

まずは局所的に、
アゴの取り扱い説明書を
ご覧になって下さい。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=756349544531709&substory_index=0&id=717082738458390

こんにちは。
吉祥寺金内均整院
ブレスオブライフ
代表のカナウチです。

さてさて、
ではどういうふうに
施術を進めてゆくのか?
その一例をご説明させて頂きます。

【クライアントの背景】
仕事も恋愛も忙しいバリバリの
キャリアウーマン。
毎日残業。
休日クタクタ。
肩がバキバキいってる
肩こり過ぎてて頭痛がする、
眼の使いすぎで痛い、
アゴの片側があくびした時に外れそうになる。

彼とは結婚を前提にお付き合いをしていて、
晴れの結婚式で綺麗に見栄えするように
姿勢を良くしたいし、辛い体をメンテナンス
したいので土日も営業している金内均整院に
休日を利用して行くことに。。。

【所見】
がに股、猫背、巻き肩、アゴが突き出てる、
足を組んだり、横座りが習慣しているせいか
骨盤のゆがみ・左右差が大きい。

【設計&調整方法】
まずはがに股と猫背の原因→長時間のデスクワークで大腰筋がカチカチでした。

足を組む習慣→過度な片側の骨盤の巻き込みは子宮の発育や静脈リンパの還流によろしくないですし、土台がゆがめば顔や首もゆがみます。

ので、あまり足を組んだりするのは良いとは思えませんとお伝えしました。

次に肩の巻き込みなんですが、パソコンに向かってるとどうしても腕と頸は前にシフトしてゆきますし、
その重心移動の代償としてアゴが前に出てきます。

アゴが前に出てきたぶん、肩甲挙筋が引き伸ばされ、
目線をパソコンの高さに合わせようと後頭下筋群が過度に短縮し、血液の循環が悪くなり、トリガーポイントが活性化し、頭痛につながったと推測されます。

横から見て肩と耳の穴が縦一直線になってくれれば筋力を使うことなく姿勢を維持できるので、そこに近づけるように骨格矯正しつつ、
縮んでる筋肉をゆるめたり、ストレッチして筋肉を正常な長さに戻してゆき、トリガーポイントを不活性化させます。

今回、
巻き肩には大胸筋、
アゴには広頸筋、
頭痛には後頭下筋群、斜角筋群
肩こりに肩甲挙筋
が短縮と圧痛がみられました。

アゴのゆがみ→上記の理由から、
土台である背骨、骨盤のゆがみを整えて→
お顔の「使いすぎ筋」と「サボリ筋」を調整して→アゴジョイントモビライゼーション
→頭蓋骨調整を施しました。

体型調整を終わらせてから
最後に背中に12種体型を使います。

今回使ったのは前後型/呼吸器型の外転体制。

関連椎骨と語呂合わせと効能は

仙骨4番、腰椎1番、胸椎5番、頚椎4番(良い腰)
腰椎5番、胸椎9番、胸椎1(極意)

良い腰になるには何らかの
極意があるんでしょうね、
12種体型には。

それでは効くメカニズムを
見てみましょう。

S4→婦人科

L1→時に大腰筋、時に両側腰方形筋が肋骨のロックに、時に漢方のツボ・三焦兪、時に免疫の要の小腸に効かす。

D5→漢方のツボ・心兪(精神疲れ、自律神経に)

C4→横隔神経。

L5→腰と骨盤の繋ぎ目の角度調整、股関節の関節支配神経、股関節との兼ね合いで大腰筋は大腿の小転子に付着し、横隔膜と筋連結することから呼吸調整になる

D9→漢方のツボ・肝兪(イライラ、自律神経、肝臓、副腎)

D1→脳への血流、頸との繋ぎ目というか頸の支点、毛様体筋からの眼精疲労に効かす、腕の陰側に効かす

このようにマニュアルではなくその時の
クライアントの肉体的精神的訴えを
体表から読み取り施術を組み立ててゆきます。

痛みからの解放、且つ、
おキレイになるには
解剖学的視点からの体型調整、
及び12種体型調整が効率的で効果的なのです。
f:id:bol806:20170421141453p:plain
f:id:bol806:20170421141548p:plain
そして今、
痛みと美容の調整をするなら、
やさしい対応、
たしかな技術の
吉祥寺金内均整院
*ブレスオブライフ*へ( v^-゜)♪
https://bol806.jimdo.com/