2017-06-15から1日間の記事一覧

明の時代

【肝臓速報】 お疲れ様です、 吉祥寺の内臓研究家の カナウチです。鯉、、、、、中国・明の時代の薬学者であった李時珍は、「本草網目」の中で「乳汁を下し、腫を消す」と記しています。鯉を食べると 食欲がわく、胃炎がよくなる、 便秘、肝臓病、むくみ、母…